ジョジョ

わたしはジョジョの奇妙な冒険を読んだことがない。

恐らく、これからも読まない。

昔、ジョジョでひどい目にあって以来、トラウマになってしまった。

ジョジョを持っていた彼は、

わたしのしたことを頭ごなしに否定して、

自分の落ち度についてはまるで何も言わなかった。

積もり積もったことが原因で、

わたしたちは1年半で別れた。

突然のような、でもわたしはどこかで心の準備をしていた別れだった。


彼は、わたしが未練たらしく追いかけてくると思ったらしく、

別れてから新しくした車のナンバーを知人に聞いたそうだ。

誰がお前を追いかけ回すものかと思ったけれど、

それから2年近く、今思えば、好きというよりも前に進めずにいた。

友人に番号を聞き、もう前に進みますという話をした。

彼は、幸せになってほしいと思ってたと言った。

わたしは嬉しくなかった。

聞く音楽も、観る映画も、好みは合わなかった。

お笑いだって、笑うタイミングが違った。

今思えば、わたしたちは何故一緒にいたんだろう?


それから何年かして、わたしは不思議な出会い方である人に出会った。

彼とは合わないだろうと思った。

何歳も年下で、彼はまだ学生だった。

彼のことを好きな女の子もいたし、

わたしたちの接点はなかった。

ところが、しばらくしてわたしたちは付き合いはじめた。

4年半付き合って別れるまで、

わたしはこの人とずっと一緒にいるのだと思っていた。

一緒にライブに行ったり、同じ映画を観に行ったり、同じところで笑った。

何の約束もしていないのに、

そんなことが勘違いさせてたのかもしれない。

彼が学生でも社会人でも、例え無職になっても、

別に関係ないことだと思っていた。

彼に、好きな人ができたことを知ったのは突然だった。

YouTubeラバーガールを見たり、相撲を見に行きたいねという言葉に、うんと言ったり、その流れで突然告白された。

わたしは彼を責めたけれど、

こんなおばさんとよく4年半もいてくれたなと、今はそう思っている。

そう言えばわたしは、父の奥さんに爆弾と言われたことがある。

松居一代を見るとその人を思い出す(笑)

わたしはその人の方がよほど爆弾だと思うのだけれど。


radioheadを聞きながら。

今日も暑いですね。



広告を非表示にする

i love you,OK.

10年後か。

考えたこともなかったな。

気持ち悪いと思うし、

実際前にこの先何年もずっと、

同じ人を好きでいるって思ったけど、

意外と数年で恋人ができた。


何の話かって言うと、昨日の話です。

広告を非表示にする

嫌いという感覚

嫌いだから距離を置きたいというのは短絡的で、

そんなのはバカのやることだ。

と、言い聞かせているけれど、

お互いに嫌いな場合はそれに付随しない。

さて、わたしは数字が嫌いだし、

あいつもわたしが嫌いなはずだ。

だから、これは本当にお別れの時だと思う。

ミシンとわたしは好き同士だ。

時々喧嘩もするけれど、基本的にはもう情で別れることができない。

わたしには、情があるときとないときの差が激しい。

昨年別れた方には、情があったけれど、あちらにはなかった。

しかし数年前に別れた方には、情が全くなく、あちらには情があった。

因果応報とはこのことでしょうね。

さて、数字、お前には情のじの字もないの。

さようなら。

梅雨が明ける前に消えてよ、お願い!

広告を非表示にする

6/11

最近は心を閉ざしている。

いけないなと思うけど、

心が閉じてしまうのだから仕方ない。

誰も愛してないです、今日は。

はい。

広告を非表示にする

体が少し慣れました

どうなることかと思ったけれど、

何とか体も慣れてきました。

みんなの優しさに甘えながら、

わがままかも知れないけれど、

いろんなことあんまり気にしないで、

それで生きます。

愛しているよ。心から。

あーたまがいたいー

明日は初出勤なので、万全に万全を期して、もう寝ます。

みんな愛しているよ。

さようならば、さようなら。

環境が一気に変わります。

これは久しくなかったことなので、

とても緊張してしまいます。

わくわく。


古いものにはさようなら。

さようなら。

何だろうな、

どういう部分を必要としていたのかな?


優しくもないし、

嘘もつくし、

謝りもしない。

せめてありがとうくらい…

もういいや。


さようならば、さようなら。

そういうことなんだよな。


いいこと言うよね。